肉はなぜ音読みなのか

音読みとはもともと中国語としての漢字の発音に基ずく発音の仕方です。漢字は遥か昔に中国大陸から日本に伝来したものです。その為中国で読まれている方法で漢字を読むのが音読みです。その特徴は発音に中国語の特徴を色濃く残しています。日本では他にも訓読みが広く親しまれています。これの特徴は前述の発音は中国語の特徴を色濃く残しているのに対し、訓読みはそれらの要素は含んでいません。その為これらを文字を見ただけで区別する事はさほど難しくありません。音読みは必ず3文字以下で構成されています。これには理由があり中国語では漢字1文字に対し必ず一音節で発音される事の名残です。その為「比」を「くらべる」と読んだり、「慌」を「あわただしい」と読む場合は訓読みになります。3文字になる場合でも共通したところがあります。それは2文字目が必ず小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」になる事です。この特徴を利用しながら「思」や「遊」は読み方が「おもう」と「あそぶ」になるので訓読みになります。

肉の読み方が音読みのみ
肉の漢字には訓読みがありません。訓読みがある語は元々和語としてあった言葉に漢字が中国から伝来した際に、同様の意味の漢字を同じ意味の和語に当てはめた物です。例えば同じく訓読みが無い「本」は漢字が伝来してくる以前の日本には存在していない言葉でした。その為前述の当てはめる事が出来ずに訓読みが出来なかった為です。「肉」は和語では「しし」と読まれていました。ですが仏教伝来以降は肉食が禁忌とされていました。明治時代になり西洋文化が入ってきた事で肉食も一般に普及されていきました。その時に英語の「meat」の訳として「肉」の漢字を当てはめました。そして読みも和語の「しし」ではなく音読みの「にく」になった為現代でも訓読みが無い状態です。

牛肉のセンマイと通販の仕方について
センマイとは牛の第三胃の俗称です。コリコリとした食感で臭みが少ない為、焼肉等で人気の部位です。常勝店に必須!絶対に仕入れておきたい小腸含む人気ホルモン8選も参考になります。臭みが少ないですが発酵した食物が通る胃の為完全な洗浄と簡単な下処理が必須です。また旨味は少ないですが、栄養面では良質な蛋白質を多く含んでいて、鉄分も多く含んでいます。人気が高い部位の為、地域によっては中々手に入れる事が難しい場合があります。その場合通販で購入する方法があります。通販の場合インターネット環境さえあれば、自宅にいながら買う事が出来ます。有名なお店のセンマイ等も簡単に購入する事が出来る為利用する人は多いです。お店の通販ページで欲しい量を入力するだけです。後は業者が自宅まで運んでくれます。

コメントは受け付けていません。