ランディングページにフラットデザインを採用する

パーツ

スクロールで読み事を前提に

ランディングページは、企業が商品やサービスを宣伝する時に効果的な方法であり、近年では、多くの企業で採用されています。 ランディングページは縦方向のスクロールで読み事を前提にレイアウトされており、消費者が一目で何の宣伝であるのかが分かるようにキャッチコピーや説明文や画像を適度なバランスで配置しています。 最近では、アイコンなどのデザインは現実世界にあるような立体的なデザインではなく、シンプルなデザインであるフラットデザインの採用が進んでいます。 ランディングページでもフラットデザインを採用することで、雑多な印象を与えずに、伝えたい情報を的確に伝えやすいようにすることが出来ます。 また、情報を整理することも可能です。

グラデーションなどの装飾を

フラットデザインの意味は、グラデーションなどの装飾を極力抑えたデザインのことであり、ランディングページを制作する上でもフラットデザインの考え方は有効です。 ランディングページは、消費者に伝わりやすく、商品を宣伝していくことが一番の目的であり、消費者の購買意欲を刺激して購入に繋げていく効果があります。 ランディングページの制作方法は、一般的なWebページと同じであり、Webオーサリングツールがありますと、効率的に制作を行っていくことが可能です。 フラットデザインを採用することで、シンプルで見やすいページを目指すことが出来ますので、情報を伝えやすいというメリットがあります。 ネット広告との連動性を活かすことで、ランディングページはマーケティングにおいて強力な武器となります。

パーツ