ランディングページのデザインを独学で学ぶ

パーツ

企業が販売している商品やサービスについて

ランディングページは、ネット広告からリンクが張られているページのことであり、多くの場合、企業が販売している商品やサービスについての情報がまとめられていて、内容を読むことによって、消費者が商品やサービスのことを知り、申し込みフォームへ誘導するといったものです。 ランディングページのデザインは、一ページに情報を掲載しますので、一般的なサイトのような作りではなく、縦方向に読む仕組みになっていることが多いです。 ランディングページを作っておくことで、商品やサービスの宣伝を行いやすくし、消費者に興味を抱かせる効果があり、ランディングページから他のページへ誘導することは多々あります。 ネットマーケティングの手法としては、ポピュラーな方法になっています。

デザインは比較的シンプル

ランディングページを製作するには、Webサイトを制作する知識が必要になります。 ランディングページのデザインは比較的シンプルであり、独学でも十分に学ぶことが出来ます。 基本的なHTMLやCSSなどのWeb技術と画像加工技術、商品の魅力を伝える文章能力があれば、ランディングページを作ることが出来ます。 ネット広告やランディングページは、消費者に商品やサービスの魅力を伝えることが目的ですので、分かりやすいキャッチコピーや説明文に力を入れていくことが大切です。 商品を紹介する場合には、写真の活用も重要な要素であり、消費者が理解しやすいようにレイアウトを行っていくことが必要です。 説明文と画像を適度なバランスで組み合わせていくことが効果的です。

パーツ