ランディングページは内容だけでなくデザインの質も大事

パーツ

デザインを適当にしてしまうと

ネットで検索を行った時の検索結果ページのテキスト広告や、サイトやブログに掲載されているテキストもしくは画像広告をクリックした時に、最初に表示されるページのことをランディングページといいます。 会社の商品やサービスを閲覧者に購入してもらうには、まず広告に興味を持ってもらいクリックされることが必要になりますが、ランディングページは実際に購入してもらうために、非常に重要な位置を占めることになります。 当然ながら、内容だけを掲載してデザインを適当にしてしまうと、顧客を逃してしまう可能性が高まり、せっかくの広告の効果が台無しになりますので、ランディングページは高い技術を持った専門家に作ってもらう方法をとるのが、成功への近道となるでしょう。

目的に合わせて業者を選ぶ

ランディングページの制作を請け負っている業者は、たくさん存在します。それだけ需要のあるものといえますが、数が多い分競争率も高くなっており、従来よりも格安な料金で行ってくれる業者をよく見かけるようになりました。 相場は20万円以下である場合が多く、中でも10万円と20万円程度に設定しているところが目立ちます。格安料金は主にネットでの宣伝を中心にしている業者、高額な業者は大手代理店であるケースが多くなっています。 実際にはランディングページ制作の相場ははっきりと決まってはおらず、デザインやプログラミングの技術や打ち合わせの細かさ、画像などの素材をどの程度提供してくれるか、メンテナンスの有無などで料金が大きく変化しますので、目的に合わせて業者を選ぶようにしたいものです。

パーツ