ランディングページの作成方法について

パーツ

ナビゲーションバーを設置せずに

ランディングページを導入することで、企業はネット広告と連動させて、企業が消費者に商品やサービスを紹介しやすくなります。 作成方法は、Webサイトの構築と同じようにテキストエディタやWebオーサリングツールなどを使って制作を行っていき、ネット広告のリンク先として設定しておきます。 構造は、一ページ構成であることが多く、一ページの中で企業が販売している商品や提供しているサービスについて詳細に紹介していくスタイルが採用されています。 広告が主体ですので、一般的なWebサイトのようにナビゲーションバーを設置せずに、縦方向へ読み進めるレイアウトになっていることが多いです。

Webオーサリングツール

ランディングページの作成方法の手順は、テンプレート機能付きのWebオーサリングツールを導入し、宣伝に必要な画像や文章を用意しておいて、宣伝の効果が出るように素材や文章をWebオーサリングツールを使ってレイアウトしていきます。 ランディングページには、ポピュラーな流れがあり、最初に商品やサービスの紹介を行い、その次に、サービスの詳細や商品に配合されている成分などを記述し、最後に申し込み方法や購入方法を紹介して、フリーダイヤルや申し込みフォームやオンラインショップに誘導していきます。 ランディングページを挿入することで、消費者の購買意欲を増すことが可能ですが、情報サイトなどでページの移動の際にランディングページを挿入しますと、利便性が下がることがありますので注意して導入することが必要です。

パーツ