肉のお取り寄せについて

まずはこちらをチェック『居酒屋でもおすすめ!豚コメカミが活かせるメニュー&豚銘柄4選
インターネットの通販サイトで業務用コメカミを仕入れる際に注意するべき点としては賞味期限を挙げることができます。一般的な食品には消費期限か賞味期限が設定されていますが、通販サイトなどでお取り寄せした商品には賞味期限が設定されるのが通常です。お取り寄せの肉は真空パックに詰められ冷凍保存された状態で配送されて来ます。生肉ではなく加工品という扱いなので消費期限ではなく賞味期限が設定されます。一方でスーパーやデパートなどで販売されている生肉には消費期限が設定されています。消費期限と賞味期限は似た概念ですが、それぞれに異なる意味があります。前者の場合には期限を経過すると細菌の繁殖により腐敗し、食中毒などの原因となるので危険です。しかし後者の場合には期限を経過しても食べることができます。製造日から約5日を超えると急速に品質が劣化する食品には消費期限が設定されます。約5日を経過してもしばらくは品質が劣化しない食品には賞味期限が設定されています。ハムやソーセージ、真空パックに詰められ冷凍保存されたものなどは、品質が劣化しづらい傾向があるため賞味期限が設定されるのが通常です。賞味期限は食品を美味しく食べることができる期限なので、経過後も食べることができます。消費期限が設定された生肉などは消費期限内に消費する必要があります。スーパーやデパートなどで購入した生肉でもラップで包み真空状態にして冷凍保存すれば2週間から1か月は保存が可能です。
家庭で生肉を冷凍保存する場合には、ラップで包んで真空状態にすると空気に触れずに済むのでタンパク質や脂質の酸化を防ぐことができます。また冷凍保存をすれば細菌の繁殖を抑えて腐敗を防ぐことも可能です。冷凍保存ならば長期保存も可能ですが、お取り寄せ食材のように完全な真空状態になっているわけではありません。ラップの隙間から徐々に空気が入り酸化するので美味しく食べるには2週間以内に料理する必要があります。
インターネットの通販サイトを利用して業務用食材をお取り寄せした場合には、冷凍保存されているので長期保存が可能です。また完全に密閉状態になっているので空気に触れて酸化することもありません。しかし一旦解凍した場合にはなるべく早くに消費する必要があります。業務用のコメカミなどパック詰めされた肉は、冷凍保存されているため2年間など長期間の賞味期限が設定されています。この賞味期限は真空パック詰めと冷凍保存が前提となります。解凍すると旨味などの成分が流出し、空気に触れて酸化を始めるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。