大阪で美味しい肉料理に出会う

食文化の街大阪では、焼肉、串カツ、ステーキ、カレー、シュラスコ、ケバブと美味しい肉料理を食べ歩きをするのには、事欠かない街です。特に大阪特有の文化としてお好み焼きがあり、また、大阪は世界各地の料理が美味しく食べられる街でもあります。ランチ、和食、中華、洋食、肉まんなど、大阪の食は肉とは切っても切り離せません。

やはり肉料理と言えばその王道は牛、牛を食べた時だけに出る幸せホルモンが脳内に出ることらしいという話を聞いたことがあります。今日は仕事で疲れたからガツンと肉でも食べてストレス解消しようかという話を聞くことがありますが、肉食は脳内のストレス低減物質セロトニンを増やすことが知られており、メンタルを強くすることにも役立ちます。

さて、そんな食文化の街ですが、食材を確保して提供する側も苦労をして新鮮な食材を仕入れているわけです。牛肉のレバー (肝臓)を卸売に出す時に抑えておきたいポイントを少し書いておきます。消費者の口に入るまでに、生産者から新鮮な食肉を仕入れたら、すぐに加工して市場に流通させる必要があります。そのためには日ごろから付き合いがあり、大量の食材が仕入れられる生産者と懇意にしておくこと、新鮮さ第一に消費者に提供できる対応ができることが卸売り業者としての評判にかかわります。

特にレバーは、以前は生食が可能だった食材ですが、現在では生食が禁止されています。だからと言って生食が可能だったレベルの新鮮さを保つことが不可能なわけではありません。しっかりと新鮮な牛の内臓を提供できる仕入先とそのルートを確保しておくことは、卸売業者としての評判も高め、多くの小売店、飲食店からの信頼を得て、注文を多く受けることにもつながります。鶏レバー特集!栄養とカロリーは?下処理法は?超美味レシピ3選も参考になります。

大阪は何でも料理が美味い、食い物だったら大阪は他の土地には絶対に負けないという高いプライドがあります。その食文化を支えているのは、食材を加工して一般客に提供している飲食店であり、飲食店が美味い料理を提供しているとテレビなどでは紹介されているのですが、実はその食文化を支えているのは、新鮮な食材をいつも途切れなく仕入れている卸売り業者なのです。

どうしてもテレビ番組では料理になって皿の上に乗って湯気が立っている美味しそうな完成物だけがクローズアップされるのですが、そのためには生産者、そして生産者と小売店、飲食店をうまく結びつけている卸売業者の日ごろの苦労を忘れてはなりません。

コメントは受け付けていません。