韓国語で特徴的な肉の部位名

韓国語は、使う漢字は同じでも、文字によっては日本人には発音が難しいケースが少なくないことから、かつては人名なども日本の漢字の読み方で発音されることが多めでした。焼肉の用語で言えば、昨今日本でも牛に並んで人気を高めているサムギョプサルも、やや発音しにくいせいか、豚バラの別名三枚肉と併せた形で、一部では「三段バラ」と呼ばれるようになっています。韓国語の意味としても「サム」は数字の3で「ギョプ」は層、「サル」が肉のことを指しますので、直訳では「三層肉」ということになり、三段バラというのは、豚バラや三枚肉よりもサムギョプサルをイメージしやすい焼肉用語とも考えられます。日本では、韓国焼肉店であっても牛が主流といった印象となっていますが、韓国では伝統的に豚のほうを好んで食していた面があり、サムギョプサルのほうがスタンダードといったムードがあります。韓国では豚バラを焼く上で最も適した厚みにスライスすることに強いこだわりがあり、その加減が絶妙な店を選べるかどうかで宴会幹事の評価が決まるほどと言われています。
古くから韓国で呼ばれていた部位名が、ほとんどそのままの意味で日本語となって使われているものに、牛の第三胃である「センマイ」があります。上手く下処理されたセンマイは臭みもなく、一度賞味したらクセになる食感から、ホルモンの中でも人気の高い部位です。このセンマイは日本語の漢字では「千枚」で、韓国語で千枚を意味する「チョニョブ」に由来しています。漢字では「千葉」と表記するとのことで、いずれも牛の第三胃がその内壁に深いヒダを持っていて、布を千枚重ねたように見えることから付けられた名称です。内壁にはタオル地の表面のような無数の小さな突起があることと、全体の色合いが独特のグレーで、ヒダの寄り具合などから「雑巾」という、食材には不向きな呼び方をされることもあります。
韓国語ではいわゆる「ひき肉」は、販売形態として一般的ではないとのことで、日本でのミンチのような判りやすい呼び方すらない状態と言われます。店頭で細かさの度合いを伝えて挽いてもらわなくては入手しがたい面もあるようで、一つには、ハンバーグや餃子などの料理は、基本的に外食で賞味するものという感覚だからとされています。そう考えると、韓国では、業務用のひき肉と仕入れにかかるコストも日本より高めということになり、家庭料理用としては、ますます向かない食材ということになります。
おすすめ記事「あいびき肉の部位別カロリーとは?美味しい簡単人気レシピ3選も!

コメントは受け付けていません。