肉を解凍するときにはレンジも可能

肉を冷凍保存したものを料理で使うときには解凍する必要があるのですが、すぐに料理に使いたいときにはどうしたらいいのかというといくつか方法があります。
緩慢解凍といい、冷凍庫から冷蔵庫に移して本当にゆっくりと時間をかけて凍っている状態から解かしていきます。温度はプラス1度から3度ほどがいいです。旨みや風味をドリップとして流出しにくくすることができますし、時間かかかっても品質のよい状態をほぼ保ったまま生肉の状態に戻ります。時間はおおよそ15時間から30時間です。おすすめは完全に生に戻すのではなく、半解凍で加工していくのがドリップが失われずに調理をすることができるのでおすすめです。
業務用ミートボールを人気メニューに!人気アレンジレシピ5選も要チェックです。

また、レンジなどで加熱をして凍った状態から溶かしていくという方法もあります。最近のレンジには解凍機能があり、冷凍した材料を完全に解かしたり、半解凍したりと使いたい硬さを選んで肉を溶かすことができます。まず冷凍した肉をレンジの中に平らに乗せて、すぐに解凍しましょう。常温に放置したりしないように冷凍庫から取り出したらすぐにレンジに入れましょう。自動で行う場合は時間を短めにして、様子をみながら上下を返したりして満遍なく熱が行き渡るようにします。ワット数を設定できるタイプのものなら一番弱い状態を選らんで行うといいです。その量によって温める時間を考えて使うことが大切です。

肉を解かしてからまた再冷凍をしておきたいという人もいますが、一般的には一度レンジなどで温めた肉は再冷凍をおすすめできないです。一度冷凍から解かしてしまった肉は旨みや水分が流れてしまっているのでもう一度冷凍してしまうと次に温めたときにはとても残念な状態になってしまう可能性があります。そんな状態で使ってしまうとせっかくの料理の味に影響してしまいます。
もし少しだけ解けた状態で小分けして密封し、もう一度凍らせるのなら大丈夫です。
肉を冷凍したいときには購入してきて冷凍する前に小分けにしておくというのが一番いいです。使う量をある程度決めておくことでラップに包んでおくと料理をするときにも便利です。どんな種類のものでもきちんとはじめに小分けすることでいざ料理をするというときに解かしてまた再冷凍などをしなくてすむのですぐに調理もしやすくなります。いろいろな料理方法がありますが、買い物に行ったときにあらかじめ献立を決めているのならなおさら小分けにしておくほうが使いやすいです。

コメントは受け付けていません。