肉の部位別のカロリーを知っておくといい

肉を食べると太るから食べないという人もいますがそれは間違いです。肉の部位や種類によってはカロリーがとても低く、さらに栄養もしっかりと摂取することができるものがあります。それらを理解しておくことでダイエット中でもきちんと肉を食べて健康的に痩せることができます。
例えば牛のカロリーですが低いものから順にヒレ、みの、和牛のヒレ、タン、サーロイン、そして一番高いものが和牛のバラです。焼肉などで食べるカルビはこの和牛のバラを指すことが多いです。脂がカルビのおいしさですが同じ牛のヒレと比べると4倍ものカロリーがあります。なのでダイエット中はカルビを少し控えめに食べるようにし、もしたくさん食べたいというときでも白い脂の部分が少ないものを選んで食べるようにしましょう。

鶏肉の場合は低い順に、軟骨、ささみ、皮なしのむね、皮なしのもも、皮付きのむね、一番高いものは皮付きのももです。何を仕入れる?とり皮は高カロリー?焼鳥で人気の部位ランキングも参考にしてほしいですが、ダイエット中の人におすすめのものは白い脂が少ない赤身のヒレと鶏です。鶏は調理をするときには皮をとることが必須です。皮があるかないかだけで100グラムあたり100キロカロリー以上違います。なので調理をするときにはできるだけ皮はしっかりとはいでおくようにします。なんこつは正確にいうと肉ではないのですが、それでも脂が少なくてたんぱく質が多いので筋肉や血液を作ってくれる優秀な食材だといえます。ダイエット中でもしっかりと噛むことで満腹中枢を刺激して食べ過ぎ防止にも期待することができます。

低カロリーなレシピを探すとしっかりと食事をしながらダイエット効果を期待することができるものがあります。
例えば鶏のささみを使ったヘルシーな料理には簡単に作ることができるしっとりとした梅ささみがおすすめです。ささみを6本用意して、沸騰して火をとめたお湯の中に10分間放っておきます。余熱で火を通すことでしっとりとします。10分たったらまな板の上で1つを3つくらいに削ぎ切りしてお皿に並べて梅チューブを1つ1つに乗せていったら出来上がりです。簡単でヘルシーなレシピです。
他にも色々なヘルシーなレシピはたくさんあります。しっかりと肉を食べることでたんぱく質を摂取することができ、さらにダイエットにも効果を期待することができる料理がたくさんあるのでカロリーを気にしながら食べる必要もなく、食べたいものを作って食べられます。おいしくて健康にも美容にもよいレシピが色々あります。

コメントは受け付けていません。